子供 花粉症 原因

花粉症増加の要因は?

花粉症は、その対象となる花粉の種類が近年増えてきています。

 

そして、花粉症にかかる患者も、どんどん低年齢化してきています。

 

花粉症は、花粉に対する抗体が増え、ある一定量を超えたところで症状が現れる病気です。

 

この仕組みから、大人を対象としたアレルギー症状だとずっと考えられてきました。

 

でも、最近では、保育園や幼稚園児も花粉症になってきています。

 

原因は二つ考えられ、

○花粉そのものが増えている
○免疫バランスが、Th2型の抗原抗体反応を強めやすいタイプに偏りがある

ことによると考えられています。

 

要するに、以下の要因が重なっているからです。

○花粉の増加
○鼻粘膜が荒れる要因の増加
○鼻粘膜の再生能力の低下
○免疫バランスの乱れ

 

鼻粘膜が荒れる要因に、水道水が含む塩素が影響していると考えられます。

 

水道水でシャワーを浴びると、水道水が含む塩素が塩素ガスになります。

 

そして、それが鼻粘膜に付くと、鼻粘膜細胞が壊されて、花粉が侵入しやすくなるというのです。

 

なので、シャワーを使う場合には塩素除去機能付きのシャワーヘッドを使うなどの工夫をする必要があるということですね。

赤ちゃんの花粉症にはヨーグルト

花粉が飛ぶ季節になると、日本中が大変なことになります。

 

みんな花粉症にかかったようになって、涙を流しながらくしゃみをする人、お化粧が涙と鼻水で崩れてしまう人、などが沢山現れるのです。

 

この花粉症は大人だけの病気ではなく、赤ちゃんや幼児もかかります。

 

赤ちゃんが花粉症になると、お母さんも大変になります。

 

そもそも赤ちゃんが花粉症だなんて思ってもいませんし、夜泣きがひどい、風邪が治らない、なんて不思議に思っているだけかもしれません。

 

赤ちゃんが花粉症になるのは、腸内環境や免疫がしっかりしていないことで発症すると言われています。

 

花粉が飛ぶ季節には外出を控える、自宅では加湿器を使うなど、工夫をすることが必要です。

 

赤ちゃんには、少しずつでも免疫力を高める努力をして上げることも大切です。

 

乳酸菌などが赤ちゃんの免疫力を高めますから、ヨーグルトやヤクルトを毎日飲ませるなどをやってみると良い結果が得られるかもしれません。

 

 

子供の花粉症の影響

子供の花粉症患者は年々増えています。

 

5歳から9歳で13.7%、10歳から19歳は31.4%の発症率です。

 

大きくなってくると、もう大人の発症率と同じです。

 

スギ花粉が飛ぶ時期は1月下旬〜4月くらいで、この時期はインフルエンザも流行する時期です。

 

なので、何の病気かの判断が難しい時期でもあります。

 

それに、幼児の場合は、自分の症状をしっかりと伝えることができないので、周囲の大人が注意をしてあげなければなりません。

 

スギ花粉の飛散時期に、熱もないのにくしゃみや鼻水が止まらないという症状を持つ子供は、好き花粉症の可能性があります。

 

花粉症では、目の痒みも症状に現れることが多いため、風邪と花粉症を見分ける判断材料になります。

 

でも、鼻づまりの症状なら、花粉症でも起こります。

 

でも、咽頭扁桃肥大や慢性副鼻腔炎が原因でも鼻づまりの症状が出ます。

 

お子さんの症状がおかしいと思ったら、医療機関に行き、しっかりとした診断を受けましょう。

 

花粉症になると、鼻や目などに辛い症状が出ます。

 

それによって勉強や運動などの活動が鈍り、日常生活に支障が出ます。

 

学校などの集団生活においても、他の子と同じような活発な活動が自分だけできないとしたら、子供も悲しい思いをします。

 

花粉症の症状をしっかり抑える正しい治療を行えば、普段と同じ生活を送れるようになります。

 

お子さんにもそのことをちゃんと教えてあげましょう。

 

花粉症の時期でも、みんなと同じに勉強も遊びもできるようになることがわかれば、目標になり、積極的に治療に参加してくれることでしょう。

 

花粉症の薬を飲むと、眠気を感じ、集中力が落ちてしまうこともあります。

 

それは薬のせいだけではなく、症状のせいで夜によく眠れないことが原因で睡眠不足になっているのかもしれません。

 

そうなると翌日の活動にも影響が出てきます。

 

睡眠不足に、さらに昼間の症状も重なって、集中力や活動力がさらに落ちます。

 

ですから、お子さんの夜の症状もしっかり注意してケアをしてあげるようにしてください。

お金に関するリンク

毎月の借金を返済したいと頭を抱えている方にまずオススメしたいのは【しっかりと借金をまとめて払う】という方法なのです。